グアナファト 陶器 ボウル 鉢 [大椀 マヨリカ 24cm ] ビンテージ

6,600円(税込)

在庫状況  1




ヨーロッパで生まれた錫釉薬とイベリア半島の中東の文様を用いた陶芸を総称して
マヨリカ、あるいはマヨルカ陶芸と呼びます。

イタリアで生まれたそうですが、滑らかな質感が人気を呼び瞬く間にスペインやギリシャまで技法が伝わったとか。

メキシコも交易によって16世紀ごろから生産が始まります。

当初はアカプルコ港からの中継地だったプエブラで作られていましたが
中部のグアナファトやドローレスでもマヨリカ焼は作られるように。

こちらはおそらくグアナファトで70年代後半くらいに作られたであろう大きなボウル器。

中央底に瀟洒なインコと葉っぱの絵付け。

古き顔料の美しい青と黄色の色彩が器を彩ります。

ダメージが多く、実用性はないですがキッチンを彩るインテリアや
ドライフラワーを飾った雰囲気も器として美しいでしょう。

古物ならではの貫入や質感は色褪せない器の良さですね。


サイズ/ 高さ7.5 cm 口径24.7(cm)

category