ヒメネスファミリー展 ポスター[DREAM CARVER EXHIBITION JAPAN EDITION 2022-2023]

1,100円(税込)

在庫状況  19

2022年8月4日より当店の地下ギャラリーにて開催した、

ヒメネスファミリーの木彫りを紹介する企画展

『DREAM CARVER EXHIBITION JAPAN EDITION 2022-2023』。


この企画展にて販売しておりましたオリジナルポスターです。

A2サイズで、少しマットな印刷で仕上げています。

デザインに大きくは配置しているのは、ヒメネス家長男のアンヘリコに製作を依頼したコヨーテ。

初期の頃の人気の高い丸い目と、素地に黒いドットが映えています。


今回の企画展に参加してくれた、

アンヘリコ、イサイアス、アルマンドの三家族のサイン入り。

ウッドカービングファンのみなさま、コレクションに一枚いかがでしょうか。






DREAM CARVER EXHIBITION JAPAN EDITION 2022-2023
----------------------------------------------------------

<展覧会について>

”メキシコを代表する民芸品の一つであるオアハカ州の木彫り人形。

現在では「アレブリヘス」と呼ばれていますが、その始まりは

1950年代前半にアラソラ村の木彫り職人マヌエル・ヒメネスが生み出したものでした。



木の素地のままだった人形は、求める観光客の要望に応え

染料で色を持ち、塗料で彩りを得ます。



1980年代には他の村にも木彫り職人が増え、造形と着色の技術が飛躍的に向上。

人形のモチーフも怪物や恐竜のように変異していきます。

またオアハカの街に観光客が増加するにつれ、粗雑な人形もたくさん

お土産品として作られるようになりました。



しかしマヌエルは息子2人とともに自分たちのスタイルを守り、

木彫りを続けてきました。

米国で「ドリームカーバー」と呼ばれたヒメネス一族の

上質な作品は、今やメキシコ国内よりも海外での方が

人気と評価は高いかもしれません。



2005年の父の他界後も変わらずヒメネス一族は製作を続けています。

息子、孫、ひ孫と四世代に渡り生産される「ファミリーの現在」



今展は、当店が三家族に独自に特注した復刻品を含む、24点の新作。

それに加え(株)キチン 佐賀町アーカイヴに保管されていた、

小池一子氏所蔵の80年代後半の作品7点と

マヌエルの60年代の貴重な木彫り人形の新入荷3点の展示企画。"







※発送時の筒台として110円が含まれています。



サイズ/A2 縦 42 幅 59.4 (cm)

category