ドローレス 陶器 マジョリカ焼き [カサル工房 スクエアプレート 26cm オレンジ&ネイビー]

8,250円(税込)

在庫状況  1





スペインの統治時代に伝わった伝統的なマヨリカ焼き。

それまで先住民が作っていた土器から、窯で焼き上げる陶器の技法がもたらされました。

フィリピンのマニラからアカプルコの港まで様々な物が交易され、中国の青磁器や
イベリア半島におけるイスラム文化のタイルもメキシコに伝わるようになります。

15世紀ごろに古都として発展した商業都市でもあったプエブラ州から、中央部に位置するグアナファト州と
ドローレス・イダルゴ州にその技法が伝わり、いくつかの工房が生産をはじめました。

プエブラでは独自の彩色技法に進化し、現在ではタラベラ陶芸と呼ばれています。

また数は減ったものの、グアナファトとドローレスでもいくつかの工房がマジョリカ技法で
生産を続けています。


こちらはドローレスにある工房「マジョリカ・カサル」の陶器。

ミディアムサイズの四角皿。

濃厚なネイビーの背景とオレンジの花のコンストラストが素晴らしく
そのまま飾っても素敵なインテリアに。

現代のものとは思えないクラシカルな雰囲気は
明るいだけではないメキシコの儚さを体現したかのような器です。

キッチンに彩りを添えて、ランチやディナーに活躍してくれそう。


サイズ/高さ2 縦25.5 横26 (cm)

category