オアハカ ウッドカービング 木彫人形 サンチアゴ [キリン 褪せパープル 15cm]

3,960円(税込)

在庫状況  1







50年代にオアハカのアラソラ村でマヌエル・ヒメネスさんが作り始めた木彫り人形。

観光客にたくさん売れるようになり,
瞬く間に木彫り職人は増え、他の村でも同様のものが製作されるようになりました。

ウッドカービングと英語で呼ばれていた人形は、怪物や想像上の生き物が
モチーフになっていき、派手な彩色からアレブリヘス(妖怪のようなもの)と呼ばれるようになります。

しかしそんな流行とは無縁で、観光客どころか現地のメキシコ人でも寄り付かない
ラ・ウニオン・テハラパン村のサンチアゴ一族は、
古いウッドカービングの製法のまま作り続けてきました。

最近は20代、30代の若者も木彫りをするようになり、名もなき職人が増えています。

こちらはそんな署名がないサンチアゴファミリーの若手作家の作品。

この職人は木の曲がった部分やそのフォルムを生かした木彫りを多く作っています。


元は紫にペイントされていたようですが、アニリンで着色のため

光に当たっていた部分の色が抜け、今はお腹の部分だけ少し色が残っている状態です。

アクリルで塗られた部分はそのまま残っており、元の素地が現れてなんとも言えない不思議な雰囲気。

新しい作品と並べておいて楽しむのも良いかもしれません。

サイズ/高さ 15 幅 6 体長 9(cm)




category