オアハカ ウッドカービング 木彫り サンチアゴ [イヌ] Mサイズ

22,000円(税込)

在庫状況  1




50年代にオアハカのアラソラ村でマヌエル・ヒメネスさんが作り始めた木彫り人形。

観光客にたくさん売れるようになり,
瞬く間に木彫り職人は増え、他の村でも同様のものが製作されるようになりました。

ウッドカービングと英語で呼ばれていた人形は、怪物や想像上の生き物が
モチーフになっていき、派手な彩色からアレブリヘス(妖怪のようなもの)と呼ばれるようになります。

しかしそんな流行とは無縁で、観光客どころか現地のメキシコ人でも寄り付かない
ラ・ウニオン・テハラパン村のサンチアゴ一族は、
古いウッドカービングの製法のまま作り続けてきました。

最近は20代、30代の若者も木彫りをするようになり、名もなき職人が増えています。

こちらはキリーノさんやプラシードさんの甥のあたる、アンヘルさんの作。

彼は復刻という形で古いスタイルにこだわって制作しています。


こちらは迫力のある大きめサイズの新入荷。

ハカランダの木地そのままの色と黒だけでペイントされたシンプルな木彫りです。

ウニオン村でもよく見かける白に黒い斑のついた垂れ耳の犬。

のんびりとした空気と素朴な雰囲気が感じられるような、魅力的な作品です。





サイズ/ 高さ11.5 幅 9 尻尾含む体長 27.5(cm)



category