フローレスファミリー 陶芸 復刻品 [鳩と球と女の子]

27,500円(税込)

在庫状況  1





プエブラ州のマタモロスという小さな街で
マリアッチ楽団の演奏家だったアウレリオ・フローレスは
植木鉢や土鍋を作って行った稼業の手伝いをしていた時、
ふと、教会にあるような聖人の人形と香炉や燭台を
焼物で作れないかと考えたそう。

そこで1930年前後に誕生したのがArbola de la vida=生命の樹の
キャンドルホルダー。
また子供のための魔除け人形やアダムとイヴの人形など
が人気となり、息子のフランシスコも仕事を手伝い始めます。


とりわけメキシコの死者の日の行事が世界的に知られるように
なると、ガイコツの人形を作り始め観光客に大人気になったらしく
米国にも輸出していたそう。

フランシスコが2006年に亡くなると、その跡を継ぐ者がおらず
フローレス親子の陶芸品は途絶えてしまいます。

店主は娘のエリアさんと知り合い、残っていた父親の陶芸品を
譲ってもらってましたが、ある時SNSを通じて孫のイリアナから
突然、連絡がありました。

「父でありフランシスコの一人息子コンスタンティーノが
また陶器を製作している。彼は父の晩年に仕事を手伝っていた。
どのような物を作ったら良いか教えて欲しい」
と頼まれ、当店とフローレスファミリーの復刻品プロジェクトが開始しました。


こちらは人気が高かったらしい人像の燭台。

可憐なワンピースの女の子が鳩と球を持つ姿が実に幸福そう。

フローレス陶芸の代名詞でもあるピンクとターコイズの色彩に魅了されます。





素材/陶器
サイズ/高さ 21 台座直径 10(cm)


category