オアハカ ウッドカービング 木彫り人形 [マヌエル・ヒメネス ピューマ ] ビンテージ

66,000円(税込)

在庫状況  1




1950年代にオアハカのアラソラ村で作られ始めた木彫り人形。

木工職人のマヌエル・ヒメネスさんが、モンテアルバン遺跡に来る観光客相手に売るようになり、
村の他の人々や、他の村にまで木彫り人形の工房ができるようになりました。

その巨匠マヌエルが80年代に制作したスタイルの良い豹。

アンヘリコとイサイアスの息子二人との共作で、目の彫りや椰子の尻尾などのスタイルは
現在も彼らにそして孫にも引き継がれています。

鋭い目つきと獲物を見つけたかのような首の振り返り方は、
躍動感があり、細かな模様や塗装は時間をかけた仕事が伺えます。

幅と高さがある迫力あるウッドカービング。

シンプルな木彫り人形から技術が進化した貴重な時代のヒメネスファミリーの作品になります。





サイズ/高さ26 体長37 幅 19(cm)

category