オアハカ ウッドカービング 木彫人形 アラソラ [読書する猿 17cm]

5,060円(税込)

在庫状況  1



50年代にオアハカのアラソラ村でマヌエル・ヒメネスさんが作り始めた木彫り人形。

観光客にたくさん売れるようになり,
瞬く間に木彫り職人は増え、他の村でも同様のものが製作されるようになりました。

ウッドカービングと英語で呼ばれていた人形は、怪物や想像上の生き物が
モチーフになっていき、派手な彩色からアレブリヘス(妖怪のようなもの)と呼ばれるようになります。

現在は主に3つの村で生産されていますが、アラソラ村はやはり
ヒメネスファミリーに影響を受けたものが多く、シンプルながら
ユニークな意匠のものがたくさん製作されています。

こちらは本を読むお猿さん。

サイクルキャップをかぶった洒落者で足を組んで、丸太に座っている様子。

左肘に修復跡があるのでお買い得価格になっていますが、
名もなき職人でも素晴らしいウッドカービングを現在でも産み出しております。





サイズ/高さ17.5 幅13 奥行き17 (cm)




category