オアハカ ウッドカービング 木彫り人形 [ワイルドキャット] ビンテージ

36,300円(税込)

在庫状況  1





世界中のフォークアートコレクターを魅了するオアハカ州の木彫り人形。

現在では技術や表現方法が進化し、メキシコを代表する民芸品になりました。

1950年代、モンテアルバン遺跡が公開されたくさんの観光客が来るように。

遺跡側のアラソラ村で木工職人だったマヌエル・ヒメネスが、
観光客相手に木彫りの動物を売り始めたのが、発祥とされています。

50~60年代までは木を彫り、形象していくのが重要で釘止めや尻尾や髭を藁で表現するなど
シンプルで素朴なスタイルでした。

また塗料も顔料は高価なので、染料と油性ペンでと着色されていました。

そのため木に染み込み、日や光が当たると色あせていく特徴があります。

経年とともに風味を増す味わい深いウッドカービングは、
フォークアートの世界でも人気があり、コレクターの間でも価格が高騰しています。


こちらは独自のルートで買い付けた60年代のワイルドキャット。



おそらくオレンジから朱色の着色がされていたようですが、
褪せてしまい、ほぼ木の素地の表面。

油性ペンで描かれた毛並み模様や表情はかろうじて残っています。

釘打ちの足や、骨太なフォルムは現代のウッドカービングには失われた造形美。

ただあるがままに彫られたであろう、美しい佇まいのオアハカの木彫り人形になります。


サイズ/ 高さ23.5 幅7 尻尾含む体長25 (cm)




category