オアハカ ウッドカービング 木彫り人形 [コヨーテ] ビンテージ

55,000円(税込)

在庫状況  1




世界中のフォークアートコレクターを魅了するオアハカ州の木彫り人形。

現在では技術や表現方法が進化し、メキシコを代表する民芸品になりました。

1950年代、モンテアルバン遺跡が公開されたくさんの観光客が来るように。

遺跡側のアラソラ村で木工職人だったマヌエル・ヒメネスが、
観光客相手に木彫りの動物を売り始めたのが、発祥とされています。

50~60年代までは木を彫り、形象していくのが重要で釘止めや尻尾や髭を藁で表現するなど
シンプルで素朴なスタイルでした。

また塗料も顔料は高価なので、染料と油性ペンでと着色されていました。

そのため木に染み込み、日や光が当たると色あせていく特徴があります。

こちらはそんな黎明期にアラソラ村で製作されたと思われる、たたずむコヨーテ。

おそらく赤もしくはオレンジ色だったのでしょう。

色は飛び、油性ペンで描かれた毛並みも、色落ちしています。

しかし木の質感や造形が浮かびあがった、この時代のすばらしい貴重なウッドカービング。

ダメージもほぼなく、どっしりしたサイズのものは、今後発見できるかどうかわかりません。

サイズ/ 高さ12 幅9 尻尾含む体長37 (cm)

category