ゲレーロ 陶芸 土人形 [ラッパ吹き] ビンテージ

4,950円(税込)

在庫状況 在庫なし


アステカ文明の末裔であるナワトル族がたくさん暮らすゲレーロ州は、
オアハカ、ミチョアカンと並ぶ民芸品の産地。

アマテ絵で有名な土地ですので、流れるような画風で
描かれたフォークアートがたくさん作られています。


また土器もプレヒスパニック時代から作られており、
出土品のようなプリミティブな焼き物が、現在でも生産されています。

バルサス川の周辺にある村々が、その粘土質を生かし作陶しています。
共通するのは日干しレンガのように、乾燥させ磨いた表面に赤やセピアの色つけ。

こちらは温かみのあるセピアの土人形。

90年代くらいのものだと思われますが、大らかな表情やハットの模様など
温もりのあるテラコッタのフォークアート。

乾いた質感はメキシコの大地を思わせます。

素材/陶器
サイズ/高さ16 幅9 奥行き12(cm)

category