トナラ 陶芸品 ストーンウェア [アヒル その1 ] ビンテージ

8,250円(税込)

在庫状況  1



スペイン人が占領する以前のプレヒスパニック時代から、
土器作りが盛んだったハリスコ州の地域。

中でもトナラはスペインやアジアの陶器の技法を取り込み、
高音の窯を用いたメキシコで本格的な陶磁器の生産が始まった街です。

トナラ焼きと称される陶器は動物や鳥のオブジェ、人面の貯金箱、水さしなどが有名。

こちらは定番の鳥のオブジェ。

しっかりした石のようなストーンウェア。

ざらついた表面とツルッとしたコーティング部分が美しい対比となって、表現されています。

また立体的な色つけの模様と、切長で美しい目は力強さを感じさせます。

少し古い時代のもので現在はあまり見かけなくなったスタイルのもの。

しっかりしたサイズで存在感があります。


素材/陶磁器
サイズ/ 高さ17 体長20 幅11(cm)

category