グアテマラ ウイピル 刺繍服 [テクパン モザイク ブラック] used

13,200円(税込)

在庫状況  1










メキシコの隣国 グアテマラはかつてマヤ文明が栄華を誇った地。

現在でも現地のインディオやインディヘナは独自の民族衣装を着て日常を過ごしています。

その重厚な刺繍や、複雑な織りのテキスタイルは世界的に評価が高い技術です。

ウイピルと呼ばれる貫頭衣の民族衣装は袖がなく、ポンチョの状態で着る人に合わせ
腕下のサイドを縫い合わせていきます。



こちらはマヤの経典が発見された村チチカステナンゴの日曜市でピックアップした1枚。

近隣の村 テクパン・グアテマラのインディヘナが着用するモザイク刺繍のもの。

幅が変化するジグザグのモザイク柄はどこか宇宙的で、カオスの中の秩序といった印象のデザイン。

ここ10年ほどで米国人観光客の増加のためか、ウイピルはかなり高額になりました。

また糸の素材の違いや職人の減少などで、このような複雑な刺繍服は現在生産されていません。

現在、取引されているグアテマラのウイピルはほぼUSED品になります。

こちらは状態も良く、ゆったり目で着用していただける渋めのウイピルになります。

*汚れやダメージはございませんがヘタリや糸のほつれが若干ございます。
また裾は基本的に切りっぱなしの状態になります。



素材/綿 綿糸
サイズ/丈 59 身幅 72 首回り 15 腕口 13 (cm) モデル身長 167cm

category