プエブラ 陶器 タラベラ [ 絵皿 角形 17cm ]

2,200円(税込)

在庫状況  1

スペインの統治時代に伝わった伝統的なマヨリカ焼き。

それまで先住民が作っていた土器から、釜で焼き上げる陶器の技法がもたらされました。

フィリピンのマニラからアカプルコの港まで様々な物が交易され、中国の青磁器や
イベリア半島におけるイスラム文化のタイルもメキシコに伝わるようになります。

アカプルコからベラクルスまで南北の港を結ぶ中継地だったプエブラで、
本格的に陶器の生産が始まり、それらはタラベラ焼きと呼ばれるように。


こちらは17cmほどの四角い形のお皿。

メキシコシティの蚤の市でピックアップしたもの。

真ん中にはディエゴリベラの絵にもよく登場する、カラーの花が大きく描かれています。

真っ白ではないアイボリーのような花の色と、タラベラらしい青、水彩画のような伸びやかな線が魅力的。

少し縁と表面にカケがありますが、金継ぎなどしてみるのも良いかもしれません。

サイズ/ 高さ 4 縦 16.8 横16.8 (cm)

category