オアハカ 黒陶 バロネグロ [ 丸皿 21.5cm ]

3,300円(税込)

在庫状況  1



バロ・ネグロ=黒陶と呼ばれるオアハカのコヨテペック村で作られる陶芸品。

サポテカの先住民時代から作られていましたが、技法は途絶えていました。
しかし1953年にドーニャ・ロサという女性が試行錯誤の末、黒く光る陶芸を復興させます。

それまでも陶器作りだった盛んだった村は黒陶工房が瞬く間に増加したとか。

土に水を混ぜ粘土にしてから、形を作っていきます。

乾燥する寸前にメノウ石で磨くことにより、光沢がでるように。

窯で温度を低く短く焼いた後に密閉して炭化させることで、黒い焼き物に変身します。



そんなコヨテペックで、バロ・ネグロの工房を構えるAmandoさん。

彼の工房では現在食器類などを中心にオーダー製作を行っています。

黒く艶のあるものは焼成温度が低く、水をいれて使用することができないため、主に装飾用として販売されています。

アマンド工房でつくられるシルバーグレーのものは高温で焼成されたため、硬く、耐久性もあり、水がしみることもありません。


一つ一つ型からデザインされたプレート。

シンプルなデザインですが、焼成時に発生した焼きムラが個性を放ちます。

食事の色味を引き立てる使いやすいお皿です。

こちらの円形プレートは少しだけ歪みがあるため、特別価格になっています。

カレーやシチュー、パンなどを盛ってもサマになる色味。

今回一枚のみの入荷ですので気になる方はお早めにどうぞ!


素材/陶器
サイズ/直径 21.5 高さ4 底面直径約 13 (cm)

category