オアハカ 陶器 ドリップウェア [ラウンドプレート 墨小豆色 15cm その1] ビンテージ

3,850円(税込)

在庫状況  4

A
B
C
D
種類


オアハカで1930~40年代にたくさん作られたというドリップウェア。

セントロにあったヒメネス陶器工房が発祥だと言われています。

型で土を成形して焼き上げた土の器に、塗料を時には流れるように、
時には斑点や葉模様にして吹き付け、分厚く釉薬でコーティングした陶器。

チョレアド=吹き付けたという意味の呼称があり、
陶器とは思えない、ガラスのような美しさを持っています。

今では偶然性からできたアートピースのように感じられますが、
当時は完全な日用品としてたくさん生産されていました。

プレートやカフェカップ、ボウル、ピッチャーなど様々な用途のものが存在します。

こちらはふちが立ち上がったラウンドタイプの皿。
平らなプレートのふちは3mmほど立ち上げてあり、裏には高台がつけられています。

今回同じタイプの絵付け皿が8枚入荷しました。
ガラスのような質感が上品さを感じさせ、アンティークの類に入るような器かもしれません。

複数在庫ございますので、写真で絵柄等ご確認ください。

*古いものですので表面の塗装の剥離、チップなどございます。

素材/陶器
サイズ/直径15 高さ2(cm)
種類
A
B
C
D

category