オアハカ ウッドカービング 木彫り人形 [ウニオン サンチアゴファミリー ピューマ ] ビンテージ

55,000円(税込)

在庫状況  1




1950年代にオアハカのアラソラ村で作られ始めた木彫り人形。

木工職人のマヌエル・ヒメネスさんが、モンテアルバン遺跡に来る観光客相手に売るようになり、
村の他の人々や、他の村にまで木彫り人形の工房ができるようになりました。

中でもひっそりとした村落であるラ・ウニオン・テハラパン村ではマルティン・サンチアゴさんを
中心とした兄弟や息子、孫たちが現在でも昔ながらのシンプルな木彫り人形を製作しています。

こちらはサンチアゴ兄弟のおそらくキリーノさんが製作したピューマ。

ユニークな表情や大柄なスタイルは現在製作しているものと遜色ありません。

ただ70〜80年代に作られたものなので、染料が着色に使われ
表面は少し褪色しています。

しかしこの時代のものとしてはコンディション抜群で、遠くを見るユニークな表情と
走り出しそうな躍動感が素晴らしいウッドカービング。

アニリンレッドの褪せたビンテージ感がインテリアとしてみ映える逸品でしょう。





サイズ/高さ13 体長34 幅 8(cm)

category