オトミ刺繍 ファブリック [ドス・ラトネス ] ビンテージ

3,850円(税込)

在庫状況  1

世界的に有名なオトミ族の刺繍。

イダルゴ州からケレタロ、プエブラ州にかけて山間の村に暮らすオトミ族は、
伝統的に民族衣装などに編み込む、刺繍技術がありました。

動物や草木が文様のように見えるデザインでしたが、彼らは80年代からそれを発展させ、
想像上の動物や鳥を色彩豊かに編んでいく、サテンステッチに変化。

カラフルな色使いとその自由で大柄なデザインは瞬く間にメキシコを代表する刺繍の民芸品になりました。

こちらは少し古い時代、おそらく80年代後半から90年代にかけて作られたものです。

職人の独特な作風がいかんなく発揮された、面白いデザインの刺繍。

草木が躍動するような、刺繍は少し珍しいタイプかもしれません。

二匹のネズミのような動物が背中合わせになっていますが、草木と同化したかのようなデザイン。

現在のような発色の良い糸ではないぶん、落ち着いた配色で立派なアート作品のようです。

ぜひ額装してインテリアとして空間を明るくしていただきたいと思います。

*少し下生地に黄ばみがあります。画像でご確認ください。


素材/綿 サテン糸 サイズ/縦23 幅35.5 厚み0.2(cm)


category