オアハカ 陶器 ドリップウェア [ジャグポット 花器] ビンテージ

10,780円(税込)

在庫状況  1





オアハカで1930~40年代にたくさん作られたというドリップウェア。


オアハカのセントロにあったヒメネス陶器工房が発祥だと言われています。

現地でも日用品として当時は大量に生産されたようで、観光客が米国にもたくさん持ち帰ったようです。

その大胆な色使いと、刷毛目や偶然性を取り入れた美しい絵付けは、
現在でも人気のビンテージセラミクス。

こちらは傾いたフォルムが印象的なピッチャー。

丸みがある有機的な形状と青、緑、橙の独特の配色が目を惹きます。


滲ませて花が開いた文様担っている部分もあれば
広がった水溜りのような様子もあり、見るほどに興味をそそられる品。

コンディションもよく、花束やドライフラワーなど
広がりを見せる植物を飾るのに最高の花器でしょう。


素材/陶器
サイズ/高さ21 胴周り 21~22 グリップ幅8 口径 8.5 (cm)



category