オアハカ 陶器 ドリップウェア [緑落彩 ジャグ ピッチャー] ビンテージ

6,600円(税込)

在庫状況  1





オアハカで1930~40年代にたくさん作られたというドリップウェア。


オアハカのセントロにあったヒメネス陶器工房が発祥だと言われています。

現地でも日用品として当時は大量に生産されたようで、観光客が米国にもたくさん持ち帰ったようです。

その大胆な色使いと、刷毛目や偶然性を取り入れた美しい絵付けは、
現在でも人気のビンテージセラミクス。

こちらは持ち手の付いたピッチャー。

ミルクジャグのようなフォルムでシュッとした雰囲気があります。

グリーンの塗料をランダムに垂らした偶然の織りなす模様は、偶然性が作用し
不思議な佇まいを見せます。

濃淡や細かな滲みは見るほどに味わい深く、インテリアとして
また一輪挿しとしても植物に馴染む、ドリップウェアでしょう。


素材/陶器
サイズ/高さ16 胴直径 12 グリップ 1.5 口径 6.5 x 5 (cm)



category