トナラ 陶芸 [ケン・エドワーズ キノコ] ビンテージ

4,072円(税込)

在庫状況  1




メキシコの中央部に位置するハリスコ州トナラの街で作られている代表的な陶芸品。


各地の先住民文化からなる野焼きのものと異なり、早くから高温の窯で焼き上げた
質の高い陶器や時期を生産してきた地域。

そのデザインや技法を確立したのがホルヘ・ウィルモットとケン・エドワーズの2人の陶工。

エドワーズさんはアメリカ人ながら日本に陶芸修行に来るなど東洋の陶芸の影響を
トナラに持ち込んだ職人さん。

現在は彼の確立したスタイルやデザインがトナラ陶芸の主流になっております。


こちらは珍しいキノコのオブジェ。

アメリカの歯磨き粉や石鹸で有名なcolgate社が1975年に製作を依頼したノベルティアイテムのようです。

調べるとこの年、メキシコでカリプスヘアという整髪料を発売したようで、そのプロモーションで
作られたものでしょう。

もしかするとその整髪料はキノコ由来の成分だったのかもしれません。

そのような印字やしっかり工房のサインも入ったトナラ焼き。

奇妙なアートピースとしてもオススメします。






素材/陶器
サイズ/ 高さ12 幅直径13.5 (cm)

category