ミチョアカン 焼き物 陶器 [ピニャ プルケ ポット&カップ] フォークアート

12,100円(税込)

在庫状況  1




ミチョアカン州にあるサン・ホセ・デ・グラシアという小さな村の陶器。

その特殊な形状はパイナップル=ピニャと呼ばれ昔から愛されている民芸品です。

こちらは伝統工芸品ともいえる、カップやレードルがセットになった蓋付きの壺。

90年代に作られたもので、現在のものより光沢が少なく実用品として生産された陶器です。

その表面の細かい細工と立体的なレリーフは美しく、パイナップルというより大仏の頭を連想させます。

カップもオジャと呼ばれる素焼きでできたものが6点あります。。

これらにプルケやメスカルといったお酒を注いで飲むのでしょう。

ビンテージ感があるインテリアとしてもかなり存在感がございます。

日本ではなかなか入手できない大きなサイズのピニャの陶器。

「メキシコの民芸」でも紹介された素晴らしいミチョアカン州のフォークアートです。


✴︎蓋の上部にカケとカップや取っ手に修復跡がございます。


(アウトレット2019)



素材/陶器
サイズ/高さ37 直径25 カップ高さ5.5 取っ手含む幅8 レードル長さ15 (cm)

category