オアハカ ウッドカービング 木彫り人形 サンチアゴ [マクシミアノ カバ ブルー 19cm]

16,500円(税込)

在庫状況  1



50年代にオアハカのアラソラ村でマヌエル・ヒメネスさんが作り始めた木彫り人形。

観光客にたくさん売れるようになり,
瞬く間に木彫り職人は増え、他の村でも同様のものが製作されるようになりました。

ウッドカービングと英語で呼ばれていた人形は、怪物や想像上の生き物が
モチーフになっていき、派手な彩色からアレブリヘス(妖怪のようなもの)と呼ばれるようになります。

しかしそんな流行とは無縁で、観光客どころか現地のメキシコ人でも寄り付かない
ラ・ウニオン・テハラパン村のサンチアゴ一族は、
古いウッドカービングの製法のまま作り続けてきました。

マルティンやキリーノのサンチアゴの兄弟たちを第一世代とすれば、その息子や甥たちは第二世代の60歳台の職人。

中でもマルティンの甥であるマクシミアノさんは、独自のオリジナリティあふれる作風で評価が高い職人です。

最近アメリカで人気があるというヒポポタマ=カバ。

ポップなカラーとなんとも言えないとぼけた表情はウニオン村のゆるキャラと言えるかもしれません。

どっしりと大きめサイズの人形なのでなかなかインパクトがあるウッドカービングになります。





サイズ/ 尻尾含む高さ13 幅 9 体長18(cm)


category