オアハカ ウッドカービング 木彫り人形 [アルマンド・ヒメネス オポッサム]

30,240円(税込)

在庫状況  1





1950年代にオアハカのアラソラ村で作られ始めた、木彫り人形。

仮面などを作る木工職人のマヌエル・ヒメネスさんが観光客相手に売るようになり、
村の他の人々や、他の村にまで工房ができるようになりました。

そんなマヌエルの孫にあたるアルマンド・ヒメネスの新入荷作品。


その気さくな性格と作品からか、日本のテレビ番組にも登場していました。




こちらは彼の代表作であるオポッサム=有袋大ネズミ。

大阪の民族学博物館にも所蔵されている、正にオリジナルフォルムの作品になります。

長い尾に子を引っ掛けるというセットは、祖父のマヌエルにもなかった発想で、
メキシコの家族愛を思わせる素晴らしいウッドカービング。

珍しいモノトーンのタイプを発注して製作してもらいました。






サイズ/高さ18 奥行き 7 幅20 子鼠 高さ 6 幅 4 体長11.4 (cm)

category