オアハカ ウッドカービング 木彫り [ラミレスファミリー 太鼓叩き] ビンテージ

54,000円(税込)

在庫状況  1


世界中のフォークアートコレクターを魅了するオアハカ州の木彫り人形。

現在では技術や表現方法が進化し、メキシコを代表する民芸品になりました。

1950年代、モンテアルバン遺跡が公開されたくさんの観光客が来るように。

遺跡側のアラソラ村でマヌエル・ヒメネスが、観光客相手に木彫りの動物を売り始めたのが
発祥とされています。

50~60年代までは木を彫り、形象していくのが重要で釘止めや尻尾や髭を藁で表現するなど
シンプルで素朴なスタイルでした。

中でもラミレス一族は独特の作風で七面鳥や人魚など、たくさんウッドカービングを生み出しました。

こちらは60年代に作られた太鼓を叩く楽団員。

40cmの目を見張る大きさで、完成度の高い逸品。

染料で塗装された赤やオレンジのカラーも残り、コンディションは最高です。

バチヲ持ったニヒルな表情がたまりません。

帽子やジャケットもおしゃれな素晴らしいビンテージのウッドカービングです。

このような大きなサイズのものは今後なかなか見つからないと思われます。



サイズ/ 高さ19 土台幅12.5 奥行き7.5 (cm)

category