トナラ 陶芸品 [ブルニード ライオン] ビンテージ

15,120円(税込)

在庫状況  1




スペイン人が占領する以前のプレヒスパニック時代から、土器作りが盛んだったハリスコ州の地域。

中でもトナラはスペインやアジアの陶器の技法を取り込み、メキシコで本格的な陶磁器の生産が始まった街です。

トナラ焼きと称される陶器は動物や鳥のオブジェ、人面の貯金箱、水さしなどが有名。

こちらはブルニード=磨くという意味の名を持つ製法。

赤とブラウンを基調に絵付けされ、鉱石で研磨されています。

こちらは80年代に作られた、珍しい丸みのあるライオン。

優しい顔と独特のわびさび模様が、古いスタイルの良さを醸し出しています。

現在のトナラの陶器類はグレーやブルーを基本にしたものが多く、
ブルニードはかなり貴重な存在になっていくと思われます。

落ち着いた雰囲気ですので、シックな民芸品をお探しの方にオススメいたします。


素材/陶器
サイズ/ 高さ12 幅11 体長 23(cm)

category