オアハカ アツォンパ 陶芸 [ルイス・ブランコ 小鹿と少年]

8,100円(税込)

在庫状況  1


オアハカの中心部から30分ほどの村アツォンパ。

古来からの粘土質な土地は、焼き物作りに向いていて、伝統的に陶芸が盛んな村です。

日用品や食器の生産地でしたが、60年代にテオドラ・ブランコという女性が
不思議な人形を作るようになり、それが観光客に飛ぶように売れたそうです。

色を着けずに素焼きのまま、おとぎ話を元にした不思議な人形たちは
その息子や娘に引き継がれていきます。


こちらはその長男ルイスさんの作品。

ソンブレロを斜めにかぶった小粋な少年が小鹿を抱える人形。

珍しく茶土でアクセントが着けられ、土台も安定した上質なフォークアート。

技術を追わず、伝統的な土人形の良さを生かしたオアハカの土人形。

彼らの日常が垣間見るような作品です。




素材/陶器
サイズ/高さ17 幅 11 奥行き7 (cm)

category