メテペック 陶芸 [アルフォンソ・ソテノ 立つ人魚]

4,860円(税込)

在庫状況  1




メキシコ州トルーカの離れ町メテペックは、陶器生産が盛んな町。

とくに現在メキシコのツリーオフライフ(生命の木)のオブジェの9割がこの町で作られています。

中でも街で最も有名で大きな工房を持つソテノ・ファミリーの工房。

このファミリーが生み出した極彩色の陶芸はメキシコを代表するフォークーアートの一つ。

こちらは著名な陶芸家だった母モデスタ・フェルナンデスの工房の跡を継いだ
アルフォンソ・ソテノの手によるもの。

光沢が美しいギターを弾く人魚。 "La Clanchana"という人魚伝説が元になっていて
メテペックでは100年以上このような人魚の陶器が作られています。

カラフルな着色に金色の模様や王冠が光り輝く逸品です。


素材/陶器
サイズ/高さ 17 幅8 奥行き 4(cm)

category