ウッドカービング 木彫り サンチアゴファミリー [フランシスコ ナシミエント]

38,880円(税込)

在庫状況  1




50年代にオアハカのアラソラ村でマヌエル・ヒメネスさんが作り始めた木彫り人形。

観光客にたくさん売れるようになり瞬く間に木彫り職人は増え、他の村でも同様のものが製作されるようになりました。

ウッドカービングと英語で呼ばれていた人形は、怪物や想像上の生き物が
モチーフになっていき、派手な彩色からアレブリヘス(妖怪のようなもの)と呼ばれるようになります。

しかしそんな流行とは無縁で、観光客どころか現地のメキシコ人でも寄り付かない
ラ・ウニオン・テハラパン村のサンチアゴ一族は、古いウッドカービングの製法のまま作り続けてきました。


70年代に弟マルティンが始めた木彫りを、真似て作り始めたフランシスコさん。

作る作品は人や賢者、天使などが多く、その素朴な作品たちは海外のコレクターにも人気です。

動物よりも製作に時間と手間がかかっていますので、少し高価ですが
自分たちの生活風景を映し出したウッドカービングはどれも素晴らしく、
唯一無二の作品を作り出します。


また92歳という高齢で、製作から引退しましたので
残っている作品は少なく、これからとても貴重なものになるかもしれません。

こちらはナシミエントと呼ばれるキリストの生誕の様子です。

ヨセフとマリアが見守る中、賢人メルチョールが黄金を贈っている様子。

天使と牛も祝福しているようです。

10年前くらいに作られたものだそうで、ヴィンテージではないですが
フランシスコさんの本領が発揮された
古いものに通じる温かみのある素朴なウッドカービングでしょう。








サイズ/ 高さ12 台座20×11 (cm)

category