ウッドカービング 木彫り ラ・ウニオン [ 赤いウシ]

3,456円(税込)

在庫状況  1

50年代にオアハカのアラソラ村でマヌエル・ヒメネスさんが作り始めた木彫り人形。

観光客にたくさん売れるようになり瞬く間に木彫り職人は増え、他の村でも同様のものが製作されるようになりました。

ウッドカービングと英語で呼ばれていた人形は、怪物や想像上の生き物が
モチーフになっていき、派手な彩色からアレブリヘス(妖怪のようなもの)と呼ばれるようになります。

しかしそんな流行とは無縁で、観光客どころか現地のメキシコ人でも寄り付かない
ラ・ウニオン・テハラパン村のサンチアゴ一族は、古いウッドカービングの製法のまま作り続けてきました。

最近は20代、30代の若者も木彫りをするようになり、名もなき職人が増えています。

こちらは署名がないので作者は不明ですが、どれも伝統の作風を踏襲した可愛らしいウッドカービング。

朱色に近いマットな赤で塗られたウシ。

顔がカクカクしていて面白いフォルムになっています。

作家性がない分、少し価格がお求め易くなっており、このサイズのシリーズは全てオススメ。





サイズ/ 高さ 7 (耳含む) 幅 (足含む)6
体長(尻尾含む)1 2(cm)


category