ウッドカービング 木彫り ラ・ウニオン [黄色のウシに乗った悪魔]

12,960円(税込)

在庫状況  1




50年代にオアハカのアラソラ村でマヌエル・ヒメネスさんが作り始めた木彫り人形。

観光客にたくさん売れるようになり瞬く間に木彫り職人は増え、他の村でも同様のものが製作されるようになりました。

ウッドカービングと英語で呼ばれていた人形は、怪物や想像上の生き物が
モチーフになっていき、派手な彩色からアレブリヘス(妖怪のようなもの)と呼ばれるようになります。

しかしそんな流行とは無縁で、観光客どころか現地のメキシコ人でも寄り付かない
ラ・ウニオン・テハラパン村のサンチアゴ一族は、古いウッドカービングの製法のまま作り続けてきました。

最近は20代、30代の若者も木彫りをするようになり、名もなき職人が増えています。

こちらは署名がないので作者は不明で、他の職人が作っていない雰囲気のディアブロ(悪魔)。

大きなウシに跨り、酒のボトルを持つディアブロという不思議な光景。

悪魔らしい傍若無人な振る舞いなのかもしれません。

角と尻尾が長く、どこか憎めない表情。

猪突猛進、何かに向かって対峙している様子が、ユニークに表現されています。

悪魔も牛もうまく塗料が馴染みレトロな空気も醸し出しております。


サイズ/ 乗った状態で 約高さ 22 (ツノ含む) 幅 (足含む)13 体長(尻尾含む)23(cm)


category