ウッドカービング 木彫り サンチアゴファミリー [マルティン 赤いウシ]

6,480円(税込)

在庫状況 在庫切れ(入荷待ち)

50年代にオアハカのアラソラ村でマヌエル・ヒメネスさんが作り始めた木彫り人形。

観光客にたくさん売れるようになり瞬く間に木彫り職人は増え、他の村でも同様のものが製作されるようになりました。

ウッドカービングと英語で呼ばれていた人形は、怪物や想像上の生き物が
モチーフになっていき、派手な彩色からアレブリヘス(妖怪のようなもの)と呼ばれるようになります。

しかしそんな流行とは無縁で、観光客どころか現地のメキシコ人でも寄り付かない
ラ・ウニオン・テハラパン村のサンチアゴ一族は、古いウッドカービングの製法のまま作り続けてきました。

60年代にアメリカで出稼ぎ労働していたマルティンさんは、村に戻って農業の傍ら
木彫りの人形を作り始めました。

そう遠くないアラソラ村のマヌエル・ヒメネスの作風を真似て、動物や天使や聖人を作るようになりました。

またそれに影響されて兄弟やいとこ達も木彫りを始め、村に住むほとんどの男性が
木彫り人形を作り始めます。


取り残されたように、昔の作り方そのままに素朴なウッドカービングを作る
マルティンさんたち一族の作品は、
近年のフォークアートブームにより再評価されてるとも言えるでしょう。

農業を引退したマルティンさんは、86歳の今でも元気に製作を続けている巨匠です。


こちらは得意にしているモチーフの雌牛。

シンプルで足しても引いてもいけない、ある意味完璧なウッドカービングかも?









サイズ/ 高さ 5 幅5.5 奥行き(尻尾含む)9 (cm)

category