ウッドカービング サンチアゴ・ファミリー [プラシード ケーキを売る女性 ] ビンテージ

17,280円(税込)

在庫状況  1

オアハカの民芸品を代表する木彫りの人形=オアハカンウッドカービング。

そのおおらかな色彩と技術、多様な種類は彼らの生活がそのまま表現されています。

アラソラ村で木彫りを始めたマヌエル・ヒメネスに影響を受けた
ラ・ウニオン村のマルティン・サンチアゴさんが、70年代に村で木彫りを始めました。

小さな小さな村なので兄弟や従姉妹も、製作をするようになり
気づけば一族みんな木彫り人形の職人になっています。

彼らファミリーの作品が世界中で人気なのは、古いウッドカービングの作り方そのまま
現在でも特に進化せず、素朴に作り続けているからでしょう。

こちらはマルティンの弟プラシードさんが80年代後半に製作した作品。

彼は現在のものはアクリル絵具を使用していますが、こちらはアニリーナという染料で
色が塗られ、とても落ち着いた雰囲気です。


オアハカらしい頭にケーキを乗せて売り歩く女性の姿。

日々過ごす生活の糧を美しく木彫り人形で表現しています。






サイズ/ 高さ17.5 幅7 奥行き5(cm)

category