オアハカ 陶器 ドリップウェア [カップ&ソーサー] ビンテージ

3,240円(税込)

在庫状況  1

オアハカで1930~40年代にたくさん作られたというドリップウェア。

セントロにあったヒメネス陶器工房が発祥だと言われています。

現地でも日用品として当時は大量に生産されたようで、観光客が米国にもたくさん持ち帰ったようです。

その大胆な色使いと、刷毛目や偶然性を取り入れた美しい絵付けは、現在でも人気のビンテージセラミクス。

こちらはティーカップとソーサーのセット。

黒とも茶色ともいえない墨のような色合い。

ビンテージならではの質感と雰囲気は温かみがあり、当時のメキシコ陶器の洗練さも感じさせます。

コンディションも良く、日本ではなかなかお目にかかれないメキシカンヴィンテージになります。


素材/陶器
サイズ/ 高さ 4.2  底直径 4.5 グリップ1.5 外口径 6.5 ソーサー直径10.2(cm)

category