オアハカ ウッドカービング 木彫りマヌエル・ヒメネス?[プーマ] ビンテージ

38,880円(税込)

在庫状況  1



世界中のフォークアートコレクターを魅了するオアハカ州の木彫り人形。

現在では技術や表現方法が進化し、メキシコを代表する民芸品になりました。

1950年代にモンテアルバン遺跡の側の村アラソラで、
仮面などを作る木工職人だったマヌエル・ヒメネスが、
観光客相手に木彫りの動物を売り始めたのがその歴史の始まり。

アメリカ人観光客に飛ぶように売れたそうで、それを真似て木彫り人形を
作る職人が増加。
他の村にまで広がっていきました。

マヌエルとその息子たちは、70年代から彫りや塗装の技術を飛躍させます。

2005年父の死後もヒメネス工房はオリジナルとしての作品を生み出し、生家は博物館になっています。


こちらは恐らく70年代中盤から後半に作られた、古いピューマのウッドカービング。

禿げやすいアニリン染料の赤色がしっかり残ったナイスコンディションのものです。

サイズやフォルム、そして同様の表情のウッドカービングがヒメネスギャラリーに
展示されていたのでマヌエル・ヒメネスの作品の可能性が高いと思われます。


目の雰囲気などこの当時特有の雰囲気を持っています。

また滑らかに研磨されておらず、角がある表面や尻尾の曲線なども
古いオアハカの木彫り人形ならではの素晴らしさを秘めております。





サイズ/ 高さ 11 幅6 体長(尻尾含む)29 (cm)

category