オアハカ 黒陶 バロネグロ [ギターを弾く人魚 21cm]

5,825円(税込)

在庫状況  2

A
B
種類



バロ・ネグロ=黒陶と呼ばれるオアハカのコヨテペック村で作られる伝統的な陶芸品。

近年のフォークアートブームにより、この村で作られていた四つのベルで注目を集めています。

カラフルなメキシコの民芸品において、この黒い陶器類はかなり異彩を放っていますが、
シンプルで美しい造形や陰影など、場所を選ばないインテリアとしての魅力が高まりました。

こちらは伝統的に作られているギターを抱えた人魚。

海にも面しているオアハカ州ではsirena=人魚は人気のモチーフ。



頭上から花をさせる花瓶としての役割もありますが、ロウソクを挿した
キャンドルホルダーとしてもよさそうです。

1930年代より今も昔も変わらず、同じ製法で製作されているバロネグロ。

そのシンプルさは不思議な魅力にあふれ、利根山光人さんも度々著書で紹介してきました。

「メキシコの民芸」でもこの人魚の黒陶器の写真を見ることができます。

小ぶりのタイプですが存在感があるフォークアートです。

素材/陶器
サイズ/高さ21 幅 15.5 奥行き 6((cm)
種類
A
B

category