トナラスタイル サン・ヘルマン工房 陶器 [トゥカン スモール]

2,160円(税込)

在庫状況 在庫切れ(入荷待ち)

メキシコを代表する陶器のトナラ焼き。

ハリスコ州にある小さな街ですが、国内で初めて窯を導入し、
高温で焼き上げる磁器や石器を生み出しました。

そのトナラの陶芸に影響された、サン・ヘルマン工房が生産しているアイテム。

トナラではなくメキシコシティ近くのテスココに工房はあります。

湖畔の街テスココは良質な粘土が採れるので伝統的に陶器作りが盛んでした。

工房がトナラ焼きの名職人ホルヘ・ウィルモットに影響された作風のものを1960年代に
作るようになり、現在でも生産されています。

こちらは中南米に生息する口が長いトゥカン。ペリカンに近いです。

極彩色のトロピカルな鳥なのですが、とてもシックな仕上がりになっています。

碁盤の目のようになった背中は、飴色の釉薬で点が描かれ東洋的な雰囲気。

まるで日本の郷土玩具のような落ち着いたフォークアートです。

素材/陶器
サイズ/ 高さ9.5 幅5.5 体長8 (cm)

category