オアハカ 陶芸 人魚 [ホセ・ガルシア工房 ポンチョを着たインディヘナ] サン・アントニーノ

10,800円(税込)

在庫状況  1



オアハカの中心部から南へ1時間ほどの小さな村サン・アントニーノ。

細かな刺繍の民族服作りが盛んな場所ですが、ここに工房を構える
巨匠ホセ・ガルシア・アントニオという陶芸職人がいます。

元は大きくモニュメントのようなオブジェを製作していましたが、
やがて人魚を中心とした、オアハカらしいモチーフの陶人形を製作するようになります。

元来弱視であったそうですが、現在はほぼ視力が失われているにもかかわらず
土をこね、精力的に陶芸活動をされています。

その素朴すぎる陶芸品は、彩色をしないことにより
シンプルさと造形技術が際立っています。

こちらは工房で中心になって生産をしている息子のホセ・ルイスの作品。

「ケスメケトル」と呼ばれる刺繍のポンチョ。暑いオアハカでも朝晩は冷えるのでしょう。
綺麗に編んだ髪も細かく表現されいます。

下半身の魚の部分の美しい花柄は、まるでイスモの民族衣装のように見えますね。





素材/陶器 金属フック
サイズ/高さ27 幅13 奥行き8(cm)

category