ウッドカービング 木彫り サンチアゴファミリー [白い顔の修道女]

6,480円(税込)

在庫状況  1





50年代にオアハカのアラソラ村でマヌエル・ヒメネスさんが作り始めた木彫り人形。

観光客にたくさん売れるようになり瞬く間に木彫り職人は増え、他の村でも同様のものが製作されるようになりました。

ウッドカービングと英語で呼ばれていた人形は、怪物や想像上の生き物が
モチーフになっていき、派手な彩色からアレブリヘス(妖怪のようなもの)と呼ばれるようになります。

しかしそんな流行とは無縁で、観光客どころか現地のメキシコ人でも寄り付かない
ラ・ウニオン・テハラパン村のサンチアゴ一族は、古いウッドカービングの製法のまま作り続けてきました。

最近は20代、30代の若者も木彫りをするようになり、名もなき職人が増えています。

こちらもそんな若者が製作した不思議な人形。

真っ白い顔をしたモンハと呼ばれる修道士の女性。

大きな斧を持った不思議ないでたち。

昔ながらのアニリーナという染料で色つけされているので、ビンテージ感があります。

木によくなじんでいるので、時が経つと色が落ちよい雰囲気になりそうです。




サイズ/ 斧含む 高さ 17 幅8.5 奥行き 9(cm)

category