トナラ Т ストーンウェア [アヒル 31cm] ビンテージ

6,480円(税込)

在庫状況 在庫切れ(入荷待ち)





スペイン人が占領する以前のプレヒスパニック時代から、土器作りが盛んだったハリスコ州の地域。

中でもトナラはスペインやアジアの陶器の技法を取り込み、メキシコで本格的な陶磁器の生産が始まった街です。

トナラ焼きと称される陶器は動物や鳥のオブジェ、人面の貯金箱、水さしなどが有名。

現在でも生産されているТ錙覆擦辰)と呼ばれる石のように硬い陶製の鳩。

素地に青や緑で鮮やかに絵付けされ、立体的なスリップウェアのような仕上がり。

珍しいのが細工した銅板が、ボディをコーティングしています。

こちらは体長が30cmある大きなアヒル。

大きな目と佇まいは王者の風格?

細かく重ねられた銅板と表面の石のような素材の対比が素晴らしい民芸品。

トナラの職人のアイデアと技術が詰まった面白いオブジェになります。

✴︎銅板に若干へこみがあります。また除去できないくすみもございます。


素材/陶磁器 銅 真鍮
サイズ/ 高さ14 幅 13.5 体長31 (cm)

category