ウイピル グアテマラ 刺繍 民族衣装 ポンチョ [ブルー トドス・サントス]

4,212円(税込)

在庫状況 在庫切れ(入荷待ち)

 中南米でよく着られる、袖の無い貫頭衣をウイピルと呼びます。

マヤ文明の中心地だったグアテマラのウイピルは、羊毛の重厚な刺繍が施され、
現在でもマヤの末裔たちは、そのような民族服で生活しています。

こちらはブルーの織りで有名な、「トドス・サントス・クチュマン」村のウイピル。

古着ですがとても状態が良く、鮮やかできめ細かな織りが素晴らしいウイピルです。

素材/綿、羊毛
サイズ/着丈87 横(肩含む)幅80 袖口 12 首周 16(cm)


※あくまでもこちらは古着でございます。
チェックはしていますが、軽いシミやにじみ、糸のほつれなどがある場合がございます。
ご注意下さい。
追加の画像など詳細はお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ!


category