CD "alex malheiros & banda utopia/the wave" アレックス・マリヘイロス&バンダユートピア[ザ・ウェイブ]

1,080円(税込)

在庫状況  1

  ソロ・ワークスも含め1960年代よりブラジル・ジャズ〜クロスオーヴァー・シーンを
牽引するスーパー・グループ「アジムス」。

そのアジムスのオリジナル・メンバーで、現在も第一線で活躍する重鎮ベーシスト、
アレックス・マリェイロス(ALEX MALHEIROS)が、バンダ・ウトピア(BANDA UTOPIA)を従えレコーディングした最新ソロ・プロジェクトのフル・アルバムが遂にベールを脱ぐ。

アレックス・マリェイロスの愛娘で、2008年の夏を鮮やかに駆け抜けた傑作「NEW MORNING」で
ワールドワイドにブレイクした、サブリナ・マリェイロスがゲスト・ヴォーカルとして参加するほか、
アジムスのドラマー・イヴァン・コンチ、そしてホベルチーニョ・シルヴァなど、
トップ・ミュージシャンを配した強力ニュー・プロジェクト。

現在のクラブジャズ・シーンを代表するニコラ・コンテや、FIVE CORNERS QUINTET、LTCなどを輩出した北欧クラブジャズ最重要レーベル「RICKY-TICK」関連諸作にも近い、
スタイリッシュなブラジリアン・ジャズ・トラックばかりを収録した、この秋、最も注目すべき一枚。


 アレックスのモーダルなウッド・ベース・リフと繊細なドラム・ブラッシングが産み出すブラジリアン・ビートが魅力のオープニング・インスト3連発「SERENITY」「UNO ESTA」「VOLA」はまさにクールの一言。そして先行12インチ・カットされ既にクラブ・ヒットしている「THE WAVE」は、サブリナ・マリェイロスの浮遊感あふれるヴォーカルをフューチャーした最高のチル・アウト・トラック。

他にもサブリナのヴォーカルをフューチャーしたトラックとしては「MADRUGADA」「BAIXO PARTIDO」なども非常にお薦め。クラブジャズとブラジリアン・ジャズのオイシイところを凝縮した、まさにエンドレス・サマーな傑作。



brasilian/fusion jazz
2009
far out recordings

輸入版/中古14曲入り


※新品でも試聴の為に開封している場合がございます。

イメージはありません。

category