オアハカ 黒陶 バロネグロ [マルチネス工房 笑う人魚] ビンテージ

8,640円(税込)

在庫状況  1




バロ・ネグロ=黒陶と呼ばれるオアハカのコヨテペック村で作られる伝統的な陶芸品。

近年のフォークアートブームにより、この村で作られていた四つのベルで注目を集めています。

カラフルなメキシコの民芸品において、この黒い陶器類はかなり異彩を放っていますが、
シンプルで美しい造形や陰影など、場所を選ばないインテリアとしての魅力が高まりました。

1940年代にドニャ・ロサという女性が黒い陶芸を始めましたが、数少ない名職人として
現在も活躍するペドロ・マルチネスの作品だと思われます。

ほぼ型抜きに手を加えた民生品(大量生産できる)とは異なり、
表情の豊かさや鱗の模様、土台のバランスなどしっかり考えられて製作された作品。

光が当たると、生き生きと輝き出す名陶工の貴重なシレナ=人魚になります。




素材/陶器
サイズ/高さ20 幅 23 奥行き 8((cm)

category