トナラスタイル サン・ヘルマン工房 陶器 [花器 フラワーベース ブルー]

4,212円(税込)

在庫状況 在庫切れ(入荷待ち)





メキシコを代表する陶器のトナラ焼き。

ハリスコ州にある小さな街ですが、国内で初めて窯を導入し
高温で焼き上げる、磁器や石器を生み出しました。

そのトナラの陶芸に影響された、サン・ヘルマン工房が生産しているアイテム。

トナラではなくメキシコシティ近くのテスココに工房はあります。

湖畔の街テスココは良質な粘土が採れるので伝統的に陶器作りが盛んでした。

工房がトナラ焼きの名職人ホルヘ・ウィルモットに影響された作風のものを1960年代に
作るようになり、現在でも生産されています。

こちらは代表的なアイテムである一輪挿し。

連続した色の点と飴色の釉薬が、よいコンストラストを生み出しています。

丸みを帯びたモダンなフォルムと、アジアの影響を受けたデザインがとても秀逸。

ドライフラワーやハーヴなども似合いそうなシンプルな花器になります。





素材/陶器
サイズ/ 高さ14 幅12 奥行き8 口径2x2.5 (cm)

category