フリーダカーロ ピクチャー カード [メキシコとアメリカの境界線の自己肖像]

864円(税込)

在庫状況 在庫切れ(入荷待ち)

こちらは台紙のついたアートカードの新入荷分です。
A4サイズなので、フレームなどに入れて壁にかけると、立派なインテリアに。


今でも絶大な人気を誇る女流画家「フリーダ カーロ」

彼女が1932年に描いた自画像です。

グリンゴランディア=米国を高層ビルや工場に見立て、
一方でピラミッドやがいこつなどをメキシコの象徴として描いています。

その境界で国旗を持つ自身の憂鬱そうな表情は、
当時熱心にアメリカで仕事を受けていた夫ディエゴ・リベラに対する
複雑な心境を表現しているでしょう。


あまり紹介されることのない作品ですが、フリーダの表現力が素晴らしい作品だと思われます。



素材/紙
サイズ/縦22 横28 (cm)

category