メテペック 陶芸 [ソテノ工房 ペガサス コロリド]

7,560円(税込)

在庫状況 在庫切れ(入荷待ち)



メキシコ州トルーカの離れ町メテペックは、陶器生産が盛んな町。

とくに現在メキシコのツリーオフライフ(生命の木)のオブジェの9割がこの町で作られています。

中でも街で最も有名で大きな工房を持つソテノ・ファミリーの工房。

このファミリーが生み出した極彩色の陶芸はメキシコを代表するフォークーアートの一つ。

こちらは名職人として著名なティブルシオ・ソテノ工房で生産されている復刻品。

手がけているのは息子であるカルロス・ソテノで、塗料もアニリン染料を使い
ビンテージのものと遜色のない作品を造りだしています。


彩色陶芸=コロリドと呼ばれ、メテペックでは以前たくさん作られていましたが、
現在、ソテノ工房でしか入手できない貴重なものとなっています。

古いフォークアートの書籍に掲載されていることの多い、奮い立ったペガサス像。

型から抜いて低温窯で焼いたものなので、とてもデリケート。

このペガサスも右羽根と右耳に修復跡がございます。

ビビッドな色彩が実にメキシコらしい、代表的な民芸品でしょう。




素材/陶器
サイズ/高さ 28 幅11 奥行き 17 (cm)

category