サン・パブリート アマテ 切り絵 [雷の精霊 ブラウン ]

2,160円(税込)

在庫状況 在庫切れ(入荷待ち)

メキシコで古来から伝わる製法で作られたパピルス=紙がアマテ紙。

クワやイチジクの木の皮や種子を、煎って煮沸し漉して乾かして叩いて、
といった製法で作られています。

樹皮の質感が残る手触りと色合い。

アマテはアステカ文明の時代に発明され、通信や記録の手段としての役割がありました。

スペイン植民地時代には生産が禁じられたため、ヨーロッパから伝わった紙に取って代わりましたが
プエブラ州のサンパブリートという村で宗教的儀式のため、生産の技法は細々と生きながらえていました。

その時代から伝統的に作られているアマテの切り絵。

こちらは厚めのアマテ紙に型押しで文様をつけたフレームに
小さな精霊の切り絵が貼られています。


セニョール・デル・トレノと呼ばれる古来からのデザイン文様。
トレノとは雷の意味で、テルテル坊主的な役割があったのかもしれません。

素材/アマテ紙
サイズ/縦20 横19.5 (cm)

category