トナラ 陶芸 民芸品 [フクロウ 23cm] ビンテージ

17,280円(税込)

在庫状況  1





スペイン人が占領する以前のプレヒスパニック時代から、土器作りが盛んだったハリスコ州の地域。

中でもトナラはスペインやアジアの陶器の技法を取り込み、メキシコで本格的な陶磁器の生産が始まった街です。

トナラ焼きと称される陶器は動物や鳥のオブジェ、人面の貯金箱、水さしなどが有名。


こちらも70年代後半に製作されたトナラらしいフクロウ。

大ぶりな安定感のあるフォルムは思わず、撫でたくなるような雰囲気。

現在のものは隙間を埋めていく絵付けですが、この時代はたっぷり空間を生かした草木の模様。

定番のウサギとサボテンも挿絵のように描かれています。

古いものは研磨が粗く、ザラつきがありますがその風合いも楽しめる民芸品。

貴重なビンテージのトナラ焼きになります。

素材/陶器
サイズ/ 高さ20 幅23 奥行き16(cm)

category