メキシコ もろこし人形 聖体の日[ムーラ] 民芸品

2,700円(税込)

在庫状況 在庫切れ(入荷待ち)

カトリックの春の儀式、セマンサンタ(聖週間)の後
「聖体の日」と呼ばれる
子供のための儀礼で使われる伝統的なオブジェ。

メキシコでは七五三のような意味合いがあり、伝統衣装を着てこのムーラ=ラバのオブジェを持ちます。

ラバ(騾馬)はロバと馬の配合種で、中南米では荷物は人を運ぶためたくさん飼育されています。

子供たちが自らのラバを手に入れたという意味合いがある郷土玩具のような存在。

トウモロコシの皮と細木だけのシンプルな構造で、気持ち程度の彩色がなされています。

おそらく80年代の古いものだと思われます。





素材/トウモロコシの皮 藁 竹 
サイズ/高さ25 幅15 奥行き28 (cm)

category